ホンダN-BOX新型へのフルモデルチェンジは8月31日!安全性の向上は?

Sponsored link

ホンダのNシリーズでは、販売台数が断トツのN-BOXですが、2011年の発売以来初めてのフルモデルチェンジを迎えます。

今回のモデルチェンジに当たってホンダは、5月に公式発表しており、7月7日には先行でホームページも展開に加えて予約販売も開始しています。

ホンダN-BOX新型の発売日は8月31日

発売日を完全に予告してくるパターンは最近のホンダでは多くみられます。

確かにこの方法であれば、予約をしやすい状況を作っているのかもしれません。

ただ、実際の車両を見ていない段階で予約を入れるには抵抗がないのか?と思ってしまいます。

今回、初のフルモデルチェンジでもあり2015年と2016年の2年間の軽自動車販売台数NO1の実績をぶら下げての登場ですから、やはり注目を集めている様です。

ホンダのホームページでもターゲットは小さいお子さんのいるママさん世代を狙っての戦略ですから、かなり使い勝手の良さをアピールしたいところでしょう。

助手席にロングスライドレールを採用する事でスライドドア側からの出入りもかなり余裕で出来る様ですから、チャイルドシートに子供を乗せてから、車外に出ないで運転席に戻れるのは、魅力的かもしれません。

ホンダのN-BOX新型の発売日8月31日にどれだけ予約が入っているのか知りたいですね。

ホンダN-BOX新型の変更点

先ほども紹介しましたが、今回のフルモデルチェンジではママさんをターゲットにしています。

助手席のロングスライドレールの採用はかなり好評になるとは思います。

他の変更点は

  • フロントグリルのデザイン変更
  • ヘッドライトにリング状のポジショニングランプの採用
  • 80㎏の軽量化
  • ホンダセンシングの全車標準装備
  • 後方誤発進抑制機能とオートハイビーム
  • 高級感がありながらリラックスできる内装に変更

が主な変更点です。

インテリアの画像を見る限り、軽自動車では珍しく木目調を使用する等高級感を出しているのはいいかもしれません。

ただ気になるのが80㎏の軽量化です。

その分ホンダセンシングを全車標準装備にしている事で安全を打ち出していますが、どこを80㎏落としているのかが明確になっていないので、ある意味恐怖を覚えるのも事実です。

この80㎏が吉と出るのか凶と出るのかは、現段階では見えてきません。

ホンダN-BOX新型は東京モーターショーに展示車両としてはでる可能性は非常に少ないので、気になる方は、ディーラーで直接見てきてください。

ホンダN-BOX新型まとめ

ホンダN-BOX新型について紹介してきました。

今回のエクステリアのデザインは一見、スズキのハスラー的にも見えてしまいますが、ポジショニングランプをリング状にしている影響でしょう。

全体的には好印象なだけに、ホンダの安全意識がどの方向性なのかがいまいちわからないです。

ホンダセンシングを搭載しているから絶対安全と言いきれるのか?と言う疑問です。

軽い分ハンドリングや燃費には良い分だけに、完璧な安全が配慮されてもいいのかもしれません。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ