ホンダヴェゼル新型へのマイナーチェンジは2017年?トヨタCH-R打倒の秘策は?


ホンダヴェゼルはコンパクトSUVと言う新たなゾーンを作りだした車と言ってもいいでしょう。

2013年に登場以来2016年まで毎年のようにマイナーを繰り返して、来ているだけに完成度はかなり高くなっています。

そんなヴェゼルが2017年もマイナーチェンジするという話になっています。

ホンダヴェゼルを取り巻く環境

ホンダヴェゼルはコンパクトSUVを確立させた車としても有名ですが、それだけではなく、販売以来このコンパクトSUVではNO1の販売台数を誇っていました。

マツダのCX-3やスバルのスバルXV、日産のジュークが対抗車両だっただけに、ほぼ独断場と言ってもいい状態でしたが、トヨタが発売した、C-HRに突如販売台数を抜かれてしまいます。

C-HRと比較してもボディサイズは変わらないのですが、重量はC-HRの方が400㎏重いです。

またC-HRの方が価格がHYBRIDタイプでは40万円も高いのにヴェゼルよりも売れているのはなぜなのでしょう?

ヴェゼルはマイナーこそしてはいますが、エクステリアは4年目のデザインになっています。

完成度が高いヴェゼルでもやはり新型車両のC-HRの方が注目度が高かったと言ったところなのでしょう。

決して燃費が極端に悪いわけではないのですが、C-HRが発売されてからは勢いを失くしている感が出てきてしまっています。

Sponsored link

ホンダヴェゼル新型へのマイナーチェンジで性能は変化するのか?

今回のマイナーチェンジでは、ヴェゼルはエクステリアとインテリアの変更はどうやらしないと言う事らしいです。

大きな変更点はエンジンの仕様追加とホンダセンシングを搭載してくるようです。

現在ヴェゼルに搭載されているエンジンは1.6L 直4i-VTECと1.6L直4i-VTEC+モーターの2種類です。

今回のマイナーでは、このエンジンに2つ加わって合計4種のエンジンからヴェゼルを選択する事が出来るようになりそうです。

その追加されるエンジンは、ホンダがこだわり続けている、ダウンサイジングターボとクリーンディーゼルエンジンと考えられています。

まさかのホンダがディーゼル!?と思っちゃいますよね。

ダウサイジングターボはフィット搭載の1.3Lエンジンにターボが有力だとは思いますが、クリーンディーゼルエンジンに関しては搭載するのかは不明です。

ホンダがディーゼルとは誰も想像はつかないでしょうからね。

ホンダの発表待ちになるとは思いますが、ディーゼルが搭載されたら、ダウンサイジングよりも売れそうな気がします。

ホンダヴェゼル新型へのマイナーチェンジのまとめ

ホンダヴェゼル新型へのマイナーチェンジについて紹介してきました。

コンパクトSUVだけに、走りも兼ね備えたものでなければならないですから、ホンダとしてはかなりやり応えのあるマイナーではないでしょうか。

ホンダのディーゼルって聞いた事が無いので、実際どうなのか気になりませんか?

今回搭載された場合には、今後もディーゼルのラインナップが増えて行きそうな感じがしますね。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?

  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い

などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!

 

 

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ