ホンダステップワゴン新型へマイナーチェンジ!スパーダハイブリッドの気になる燃費は?


2015年にフルモデルチェンジを果たしたステップワゴンですが、1.5Lダウンサイジングターボを採用してリアハッチ扉の開閉を自由にさせた使い勝手の良さをアピールしていたものの、残念ながらの人気低迷。

スパーダを出してもその低迷にはストップが掛かりませんでした。

そこで今回のステップワゴンのマイナーチェンジでは、そんな人気低迷脱出をはかる秘策が用意されているようです。

ホンダステップワゴンマイナーチェンジはスパーダが中心?

2017年9月29日から発売が開始されたステップワゴンのマイナーチェンジです。

今回のマイナーチェンジはスパーダを中心にマイナーチェンジを行っています。

ベース車両のステップワゴンは、改良無しですが、全グレードにホンダSENSINGを搭載する事になっています。

安全面の強化を図っています。ホンダの思惑としては、スパーダを売れ筋中心とした考えのようにしたいらしく、かなり今回のマイナーチェンジで大掛かりな変更を行っています。

エクステリア全体の見直しや、ハイブリッドエンジンでは、アコードやオデッセイに搭載されたi-MMDを採用している、2.0L直列4気筒に2モーターを採用しています。

確実にステップワゴンとスパーダは別物扱いと言ってもいいくらいに変更点が違います。

ハイブリッド車両の燃費もJC08モードで28km/Lとミニバンの中でもトップクラスの燃費性能になります。

Sponsored link

ステップワゴンスパーダのその他の変更内容は?

ヘッドライト部をLEDライトを採用し、テールゲートリアスポイラーを新たに採用しており、エクステリアの変更ではほぼフルモデル?と思ってもいいくらいに変わっています。

また、スパーダにはホンダ初のパフォーマンスダンパーを採用し、HYBRID車には専用中―ニングを施したサスペンションを採用しており、微振動の領域での足周りの応答性の向上や減衰感のある乗り心地と操縦安定性の向上を図っています。

スパーダだけに、この足回りを入れている事でステップワゴンとの差別化を図る事になっている様です。

これぐらいの事をしないと、セレナやノア・ヴォクシーには追いつけないと判断したのでしょう。

これからどれだけ、人気が回復するか、起死回生の車両となりうるのかは、未知数です。

予算さえ許せば何でも装備が付けられるのはわかるのですが、その分、一気に高額化になっているようですから、その辺りはマイナス要因かもしれません。

「ホンダステップワゴン新型へマイナーチェンジ!スパーダハイブリッドの気になる燃費は?」まとめ

ホンダステップワゴンマイナーチェンジに付いて紹介してきました。

ステップワゴンと言うより、スパーダのみのビッグマイナーと言った方がいいかもしれません。

それだけホンダ自体が、ミニバンで窮地に立たされてしまったと言う事でしょう。

このマイナーがステップワゴンに取って吉とでるのでしょうか?

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?

  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い

などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!

 

 

新車情報スクープ予想|トヨタ・ホンダ・日産・マツダ・スバル・ダイハツ・スズキ・レクサス

Sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ